2018年12月02日

因幡 高山

s-P1020391.jpg

二日目の山は、因幡地方の中央より西にある高山(1051m)
写真中央の二つ並んでる山に登る〜めちゃ高い〜ゆうたら、
登山口まで車が登るから大丈夫だから・・・と、言われてね。

s-P1020393.jpg

途中に鳥取県指定天然記念物である「落河内(おちがこうち)の
大カツラ(推定樹齢300年、高さ40m)」がそびえ立っていて
見事でした。
路肩崩壊のため通行禁止の看板が立っていましたが、なんとか
登山口まで車は入れて、いざ〜山頂へ〜と思ったら、
ブルトーザーの音がバリバリしてて、林道を作ってました。

s-P1020406.jpg

もぉ〜ぐちゃぐちゃの、ドロドロ道を尻餅つかないように、歩くも
登山道がどこにあるやら、ガイドの友は馴染の木を探して登るのぼる
自前の山の勘を働かせて、みごと従来の山道を探し当てました。

s-P1020400.jpg

昨日の山よりも、少し斜面がましで助かりました。
普通は1時間ばかりの登山らしいですが、しっかり2倍の
2時間で到着しました。マイペースもいいところ・・・ハハハ

s-P1020396.jpg

鳥取市街地も湖山池もぼんやり見えて、砂丘が見えるところまでは
視野が開けず、海岸線がぼんやり見えて、すぐそばに鷲峰山が見えて
この時期なら、まずまずの展望でしょうか〜下山は1時間でした。
帰りは鹿野の温泉につかって、久々の筋肉痛の疲れをとってホッコリ
極楽、ごくらく・・・ありがたい。
無事、予定通り2日間の山を登り終えてやれやれ、充実やわ〜
今年の山の〆となりました。さぁ〜て、春山が待ち遠しいな〜(笑)
cyicyikatsuko

posted by cyicyikatsuko at 12:26| Comment(2) | 日記

2018年12月01日

若桜 弁天山

s-P1020365.jpg

初冬の山は、鳥取の若桜にある弁天山に〜
前日の雨で、足場は悪かったけれど、市内から若桜への
道中は、霧の靄が山から上がり、千代川の上に靄が漂って
幻想的な景色の中を、ドライブでした。

s-P1020366.jpg

1年半前に三倉富士には登ったのですが、体力不足で
縦走できる弁天山は、リベンジ山になってました。
東山の稜線を臨みながら、ブナやトチの原生林の中
冬枯れの枯葉の山道は、感動もんでした。

s-P1020373.jpg

山は四季折々、色んな姿を見せてくれます。
色んな野生動物のホヤホヤの糞を見ながら新しい・・・と、
唸ってみたりしてね〜ハハハ
枯葉は足に優しくて・・・フカフカ

s-P1020374.jpg

弁天山には祠があって、鳥居もちゃんとありました。
神さん宿る、神聖な山ですね。いい所ですわ〜

s-P1020375.jpg

1017m 弁天山の頂上で昼食です。
登山のメンバーの一人のお誕生日のサプライズがあったりしてね。
バースディケーキを持ちあがって愉しみました。
しかし、体力低下は否めず、登りのきつかった事、アキレス腱や
足の指が痛くって、久々にハードを味わいました。
雨にも降られたけど、まずまずの天候で怪我なく下山できて
やれやれ、3時間の登りで2時間の下りで足はパンパンです。
cyicyikatdsuko

posted by cyicyikatsuko at 18:14| Comment(0) | 日記

2018年11月28日

出発です

s-P1020363.jpg

11月お習字〆切日となり、今日から初冬の山に出かけます。
先生は今年の初めに、インフルエンザに感染してから
回復がなかなかで、以前のように梅田に頻繁にお買いものは
勇気がないとか・・・あぁぁ〜85歳の壁ってどうでしょう。
まだ、お手本や添削をしていただけてるので気力はバッチシ。
最後の弟子の私に励まされて何とかやってます〜なんて仰ってね。
後は写真の整理が残ってますと・・・ホンマにね〜始末は大変です。
先生曰く、「80歳までに人生の後片付けを終えて下さい。」
との事でした。ハィー心しときます。

山行ける身体に、今しかないからね〜と、励まされ・・・
今がいい時だから・・・ホントにね〜
第三の人生がまんざらでもなくて、しかし、いつ何時それが終わるか
一寸先は分からない。気を付けて行ってきます。
お天気は晴れマークだったのが、急に雨ってどやさ〜ハハハ
いい空気吸って、山に登って心をピカピカに気分転換してきます。
cyicyikatsuko

posted by cyicyikatsuko at 11:53| Comment(0) | 日記