2017年07月08日

土の記

s-P1010531.jpg

「土の記」上・下 高薫薫 著
だいぶ前に、奈良の大宇陀の事が書かれてるんだけど、
面白いから読んでみる〜と、友から貸してもらった本で、
次の読み人が待ってるから・・・と、慌てて読むことしかり。

高村薫作品は初めての本で、もぉ〜描写がきめ細かくて、
映像が五感を通して伝わってくるような〜
不思議な文体で吸い込まれていきました。
どうなるんだろうか・・・ミステリーか〜
どうも、ならないんだけど最後も上手くまとめられていて、
筆者の伝えたいことが、じわぁ〜と読み手に伝わって、
読み終わっても満足感がいっぱいでした。
日常の大宇陀の山中に独りで暮す70代の男が主人公で、
何気ない営みの話なんだけど、その中に21世紀の今が描かれてて
考えさせられました。魅力ある作家さんやな〜ってね。
久々の長編が終わって楽しみが無くなって、ちょっとガッカリ!
さぁ〜次を探さなくっちゃ〜(苦笑)
cyicyikatsuko

posted by cyicyikatsuko at 21:02| Comment(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: