2018年12月09日

法事

s-KIMG1012.jpg

今日は父の命日で、菩提寺で23回忌の法事を行いました。
朝から雪雲みたいな寒そうな空の下で、
22年前のあの日が昨日のように蘇ります。
そんな歳月が過ぎ去ったとは思えませんわ〜
あの日は衝撃的だった。来る日が来たと、別れの日がきた。
母の13回忌も一緒にしてもらって・・・
子供としては、やれやれですわ。
帰りにお墓参りも済ませて、ホッとしたけど疲れました。

法話の中に、仏は己のなかにあるとゆうのが、印象的で
いつも、おじゅっさんの説法に心動かされます。
あの世の事は分からないけど、この世にいる間は
真っ当に、楽しく生きようと思いました。
法事も大きな意味があるようで、とてもありがたいです。
亡くなった両親の思いが伝わってくるようです。
今も見守ってもらってるを感じた法事でした。
cyicyikatsuko

posted by cyicyikatsuko at 21:11| Comment(0) | 日記