2018年11月28日

出発です

s-P1020363.jpg

11月お習字〆切日となり、今日から初冬の山に出かけます。
先生は今年の初めに、インフルエンザに感染してから
回復がなかなかで、以前のように梅田に頻繁にお買いものは
勇気がないとか・・・あぁぁ〜85歳の壁ってどうでしょう。
まだ、お手本や添削をしていただけてるので気力はバッチシ。
最後の弟子の私に励まされて何とかやってます〜なんて仰ってね。
後は写真の整理が残ってますと・・・ホンマにね〜始末は大変です。
先生曰く、「80歳までに人生の後片付けを終えて下さい。」
との事でした。ハィー心しときます。

山行ける身体に、今しかないからね〜と、励まされ・・・
今がいい時だから・・・ホントにね〜
第三の人生がまんざらでもなくて、しかし、いつ何時それが終わるか
一寸先は分からない。気を付けて行ってきます。
お天気は晴れマークだったのが、急に雨ってどやさ〜ハハハ
いい空気吸って、山に登って心をピカピカに気分転換してきます。
cyicyikatsuko

posted by cyicyikatsuko at 11:53| Comment(0) | 日記

2018年11月26日

時が過ぎ

s-P1090667.jpg

月日の流れるのは、早いもので今年は父の23回忌
母の13回忌で、もぉ〜あれから、そんなに時間が過ぎてしまって、
うぅぅ〜嫌になってしまいます。
いつも、魂は心の中に生きてるから、淋しさはないけれど
姿や形のないのが、不思議なくらいでね〜
当たり前の事をそんな風に思ってしまうなんてね。
産んで育ててもらって巣立ってゆく中で、家族って一時期ですね。
しみじみ、人間の一生について考えてしまいますわ〜
親が歩んだ道を、時代こそ違え今後を追ってる自分を重ね合わすと、
両親って寛容だったな〜と、感じてしまいます。
いつも黙って見守ってくれてた。
泣き言も言わず。
忍耐強く。
あぁぁ〜いい事は見習わなくてはね〜ハタと、気が付きました。
やっぱし、私にとって両親はお手本だわ。
cyicyikatsuko

posted by cyicyikatsuko at 22:59| Comment(0) | 日記

2018年11月24日

2025大阪万博

s-KIMG0988.jpg

夜中に、2025年の大阪万博が決定して、55年前の
経済活性化を願うも・・・どうでしょうね〜?
1970年の、こんにちは〜こんにちは〜♪ の頃は18歳
青春の真っただ中、自動改札が普及して何もかも近代化したのを
覚えています。大阪は大きなうねりの中に居たような・・・
コンパニオンに選ばれた娘さんは、嬉しそうでしたわ〜
それに無縁の私なんぞ〜興味ないわ〜と言いながら、
しっかり、月の石なんぞを行列待ちの人の少ない頃に見てね。
ひねくれて、暮らしていたころですは〜ハハハ
学生だった兄は万博の夜中のバイトに精をだしてました。
その頃父が「世の中そんなに甘くはないぞー」なんて、
浮かれていた兄に助言してたのが印象的でした。
さてさて、その頃には気が付かなかったけれど、
大阪の商売人は万博景気でかなり潤ったと聞いてビックリ!
サラリーマンの家庭では、そんな感じはなかったですわ〜(涙)
しかし、活気があるのはええことだから・・・
回り回って、福祉や介護、教育に回って行けばいいのにな〜
それこそ、世の中そんなに甘くないか〜?ハハハ
cyicyikatsuko

posted by cyicyikatsuko at 19:27| Comment(0) | 日記