2018年04月04日

老後の暮らし

s-KIMG0529.jpg

今日は母親と娘のお話なんですが、
私には娘が居ないので、少々理解しがたいのですが、
御主人を亡くされて、今年7回忌を迎えられる彼女、
シングルの娘さんが定年を迎えて、実家に帰ってこられるとか、
それが彼女には受け入れられなくて、困っておられます。
独りで気楽に過ごしてきたのに、今さら気を遣いながら
暮したくない、でも先で弱ってきたらあの時一緒にって、
言ったのに・・・と、言われるのも辛いし〜ですって、
いやぁ〜一つ屋根の下で、シェアハウスみたいに
暮せばいいのに・・・お互い干渉しないで、5分5分で
彼女は娘に老後を看てもらうのが、嫌らしい・・・
その時は自分だけ施設に入ればいいことなんだから。
上手く老後を暮すのは難しいようで、独り暮らしの味は
蜜の味? ハハハ 
色々考えるより、やってみてから改善していけばいいのに、
それも難しいのかな〜母親と娘、いろんな親子がいてますね。
私は母に気を遣ったことなんて、なかったような〜(笑)
母は私に気を遣っていたのかしら〜?
今さら聞くこともできないけど、老後の暮らしって厄介ですね。
cyicyikatsuko

posted by cyicyikatsuko at 20:30| Comment(0) | 日記

2018年04月03日

さくら

s-P1010895.jpg

s-P1010899.jpg

春山の鳥取では、家の前の桜が満開で・・・
みごとでした。(写真は鳥取)
今年はやっぱし全国的に、早かったですね。

s-P1010926.jpg

大阪に帰ると、86歳の彼女から桜見物のお誘い。
今日行きたい・・・と、たってのご要望で大阪城へ〜
大阪城は子育てしてた頃の、庭みたいなところで
懐かしいところです。

s-P1010927.jpg

その、大阪城の変わったこと・・・昔と全然違う
情緒がなくなって、外国人の観光客の多いこと・・・
階段が無くなって、車いす対応になってました。ハィー

s-P1010930.jpg

優しくなってるけど、運搬の車などが走って、
なにこれ〜状態ですわ〜ハハハ
もっと毅然としててほしかったけど・・・
大自然を見てきた目には、都会の桜がピィ〜ンと、
こなくって、観光地と化した大阪城にちと哀し〜
cyicyikatsuko

posted by cyicyikatsuko at 19:35| Comment(0) | 日記

2018年04月02日

駟馳山

s-P1010920.jpg

春山の2日目は、海岸線にある駟馳山(しちやま)314m
春の海も見てみたい・・・で、贅沢なことですわ。
鳥取砂丘の東側に位置しています。

s-P1010913.jpg

駟馳山峠の石畳道が印象的で、歴史を感じました。
名馬の生月(いけずき)のひずめの跡というのが
あったりして、登山口まで続いてました。

s-P1010916.jpg

s-P1010907.jpg

ここから、山を2つ越えて駟馳山へ・・・
まだか、まだかの山越えです〜東に漁港の湾がみえて

s-P1010904.jpg

西に鳥取砂丘やらっきょ畑が広がって
美しい山陰海岸国立公園です。
鳥取は山あり海あり、食べ物がおいしいいい所。
3日間温泉に入ってつるつるに、今回も大満足です。
昨日の雪山が夢のよう、春の海は穏やかでした。
cyicyikatsuko

posted by cyicyikatsuko at 00:00| Comment(0) | 日記