2016年10月22日

仁多米

s-P1000964.jpg

今日は、奥出雲の棚田で育った仁多米(にたまい)を
戴きました。ありがとうございます〜♪
標高300〜500mにある水田は昼夜の寒暖の差がうまみを
育てるそうで、地元和牛の有機質の完熟堆肥で栽培、
冬の雪の下で肥えた土は、雪解け水のミネラルいっぱい含んだ
岩清水で作られるから、美味しいはずですわ〜
「東の魚沼コシヒカリ西の仁多米」と呼ばれているらしい。
モロッコの王様が気に入られて召し上がっているとか・・・
今年の新米は、なんと〜な〜贅沢なことで、ほっぺが落ちそう。
さめても、もちもち美味しいらしい・・・楽しみです。
嬉しいことですわ〜「ごちそう様!」 cyicyikatsuko

posted by cyicyikatsuko at 20:23| Comment(0) | 日記

2016年10月21日

揺れて

s-P1000954.jpg

s-P1000960.jpg

緊急地震警報の微震音にビックリ!
久しぶりに聞く音に、何じゃろな〜と思ってる間
2分後に揺れ出した〜横揺れですわ・・・
地下鉄はじめ、電車は遅れて遅くまで影響がでました。

忘れた頃にやってくるとは、よく言ったもんですね。
地震に慣れてない関西人には、身体に悪い〜(苦笑)
お2羽さん達は、どうしてたことやら・・・
知らぬが仏、今日はマッサージに出かけて
暗くなって帰宅したので、電気をつけると
お2羽さん達は寝ぼけてた!何事も無くてよかった〜
また、用心の日々が始まりますね〜
cyicyikatsuko

posted by cyicyikatsuko at 23:44| Comment(0) | 日記

2016年10月20日

栗きんとん

s-P1000952.jpg

栗きんとん 届きました〜ありがとうございます。
美濃中津川 旧中山道の すや
木曽路の入り口にあたる古い宿場町の中津川の町には
恵那山(標高2191m)の山が美濃と信濃を分ける分水嶺。

そんな処で生まれた栗きんとんは、
蒸した栗をたて割りにしてして、竹べらで実をほぐし
それを潰して、少しの砂糖を加えて煮上がった栗を、
茶巾絞りにした、素朴な栗の風味豊かな絶品です。
秋の進物に喜ばれるので、もっぱら差し上げるばかりだったのに
おぉぉ〜このたび戴くとは、ありがたや〜
一度は味わいたい栗きんとんですね。
cyicyikatsuko

posted by cyicyikatsuko at 22:23| Comment(0) | 日記